勉強が捗る!!集中力を高める方法とその為の3つの視点

2016/10/11

勉強やら作業やらが捗って短期間で成果を残す。

そんな状況が常に作れれば非常に好ましいですよね。

しかし、現実は違ってなかなかそうはいかないものです。

そこで勉強や作業を高速化するべく集中力を高める方法をご紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク

1. 時間管理

時間を管理することによって集中力を高めようとする方法です。

よく、時間をたっぷりかけて量をこなすことによってある一定の成果を出そうとしてしまいがちになりますが、休憩を入れずダラダラと勉強や作業をしてしまうと逆効果です。

集中力の持続限界は成長と共に伸びていき、小学生くらいの頃の15分という短い持続時間が大学生ごろには90分という集中力の持続限界時間に達します

それでも限界の90分を一区切りにするのはあまりにハードルが高すぎるため、

集中力の波が来る15分周期で区切りをつけると良いでしょう。

したがって60分や45分などです。

このように区切ることによって、休息を入れない場合よりも良パフォーマンスを断続的に発揮できます

また、休憩時間は15分が最適と言われています。

自分にとっての最適な時間の管理を探り、行ってみましょう。

そして、作業時間においては、時間を計ることにより、

タイムプレッシャーにて更なる効率化を図りましょう。

2. 環境管理

達成ラインを細かくする

いきなり高い目標を掲げるとそこにたどり着くまでに集中力が切れてしまいます。

達成ラインを細かく設定することで、断続的な達成感を得られ、

それにより行動がモチベートされ集中をアシストすることが可能となります

小さな成功を積み上げていくのです。

それにより、断続的な高い集中力を得ることができるでしょう。

身の回りから気を散らす要因を排除する

集中をし続けるためには、集中を阻害する要因を排除さえしてしまえば、

集中が持続する確率がその分高まります。

また、周りに何か別のことをすることが可能となるような物(スマートフォンなど)があると、

それを使用しようとする心を抑えるために”意志力”を使用します。

結果、”意志力”と共に集中力が少しづつ削がれていきます。

高い集中力を得るためにはまず阻害要因を取り除きましょう。

闘争心

自身と対をなすようにライバルを可能なら作りましょう。

その結果、そのライバルへの闘争心を用いることにより集中力を得るという方法です。

集中するように自分を追い込むのです。

比較対象であれば、向こうがこちらに対しどう思おうが、ライバルとして認定してしまうほうがいいと思います。

それだけで集中力が得られるならば、比較対象とそれに付随する闘争心は利用しない手はありません。

3. 自己管理

最後は自己管理による集中力の向上です。

カフェイン

適度なカフェインの摂取により、程よい覚醒効果にて、集中力の持続を助けます

ある研究では、カフェインを摂取した人たちはそうでない人たちに比べて、

暗算の作業量が増加しました。この結果から、カフェインによって中枢神経が興奮し、その結果、

暗算の作業量が増加したと考えられます。

このように、カフェインには効果があります。

しかし、過剰な摂取は逆効果となるので、注意したいですね。

ガム等

ガム自体にには効果がありませんが、

ガムを食べる=咀嚼するという事が効果につながってきます

ガムを食べる群と食べない群とでは、

集中力が食べる群の方が高くなるといわれています。

ガムを噛む事により、脳へ流れる血液の量が多くなり、結果として集中力の上昇につながります

穏やかな血糖値上昇

脳にてエネルギーとして使用されるのはブドウ糖です。

しかしだからと言って、血糖値を上げるためにチョコレートなどを食べるというという方法は逆効果となります。

こういった、お菓子やジュースなどを摂取すると、吸収のスピードが高く、急激に血糖値が上昇します。

「じゃあ、即効性があっていいじゃないか!」と思われるかもしれませんが、

このような急激な血糖値の上昇はインシュリンの過剰分泌を促し、急激な低血糖状態になります

結果、集中力どころの騒ぎではなく、エネルギー不足の状態になります。

安定した集中力を求めるなら、

食物繊維を一緒にとったり、バランスの良い食事にしたり、食事を抜かずに空腹時間を短くしたりという行動をとることによる

血糖値のコントロールが必要となってきます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

集中力を上げろ方法をバラバラに紹介するのではなく、

大きな3つの視点から紹介してきました。

その3つの視点からの集中力を上げる方法を欠けることなく実践することにより、

どれかの方法だけを実施するよりも高い集中力の向上効果が見込めます。

ぜひ、参考に日常生活を過ごすうえでの参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク