映画「デスノート2016」のあらすじ・感想・考察(ネタバレ含む)【デスノート Light up the NEW world】

desuno-to

初登場で全国観客動員数の首位に躍り出た、デスノート2016(デスノート Light up the NEW world)。

これにより9週連続首位を飾っていた「君の名は」の連続記録をストップさせました。

今作は映画デスノートシリーズの正統な続編として、2006年のLと夜神月の戦いの10年後の世界を描いています。

スポンサードリンク

デスノート2016【Light up the NEW world】のあらすじ(ネタバレ)

2016年、全世界で同時多発的に犯罪者の死亡が確認された。

その手口から10年前のキラの再来と言われ、新生キラが誕生したと世界が騒然となる。

キラ対策本部は大規模に拡大され、名称を「デスノート対策本部」と改称された。

そのデスノート対策本部にはデスノートオタクと言われる対策本部のエース「三島(東出昌大)」がいた。

また、Lの正統な後継者として、Lの遺伝子を受け継ぐ「竜崎(池松壮亮)」が日本へと派遣されることになった。

そして、それは起こる。日本の渋谷にて大量無差別殺人が起きていた。その死因と手口からデスノート対策本部はデスノート事件と断定。また、被害者が不特定多数であることから、過去の情報をもとに死神の目を持っていることが警戒され、捜査員は顔を隠しての捜査に向かう。

デスノートには殺したい対象の顔の認識を持った人間が、その人物の名前をノートに書くことによって、死が決定づけられる。寿命の半分を失い死神の目を契約し持っていると、その2つのピースの内、「名前」の方はわかるという事である。つまり、残るピースの顔を隠さなければいけないのだ。

捜査員が向かう間も大量殺人は続くが、三島が犯人を特定し追跡すると、そこにはひょっとこのお面を被った竜崎がいた。三島が止める間もなく、竜崎は犯人に発砲し、犯人は倒れる。三島は竜崎に射殺について詰め寄るが、竜崎は撃ったのは麻酔弾であり、殺していないという。しかし犯人は死んでいた。

このことから、他のデスノート所有者の存在が判明。また、犯人であった青井さくら(川栄李奈)の持つデスノートは対策本部が保管することになるが、そのデスノートにつく死神「ベポ」からの情報により、この世界に現在存在するデスノートは6冊であるという事が判明した。

その6冊のデスノートは死神大王の命令によりキラの後継者を探し出すことを目的として、人間界に送り込まれたのだ。6冊のノートさえ保管してしまえば、人間界にはデスノートがその他に存在しえない。そこで、対策本部はデスノートを6冊集めて封印してしまう事を目指した。のこるデスノートは5冊である。

そして、全世界のコンピューターに一斉に「キラウイルス」と言われるウイルスが流れた。それに感染したものは夜神月の「僕はキラだ。僕は人の死を操ることが出来る」という動画が強制的に流れる。

しかし、キラウイルスの目的はその動画の流布ではない。真の目的は個人情報を抜き取ることにあった。

そして、このキラウイルスを流布され、個人情報を盗んだ張本人が紫苑(菅田将暉)である。

紫苑はリュークのデスノートを持ち、残りの5冊を手中に収めようとしていた。

それもこのキラウイルスのおかげで他のデスノート所有者を殺し、計4冊まで手に入れることに成功していた。最後のデスノート所有者の行動を操作し、紫苑はもう4冊持っていることをアピールする。

紫苑が4冊、対策本部に1冊。そして残りの1冊はなんとLの後継者「竜崎」が持っていた。死神は「アーマ」といい、竜崎と友人関係を築いていた。

そして紫苑は竜崎に対して勝負に出る。まずは弥海砂に接触し、デスノートを渡し、記憶をよみがえらせる。また、弥海砂に対し、夜神月が生きていると臭わせ、協力を要請する。そこでは断られるが、紫苑は自身と似ている弥海砂は絶対に協力してくれると信じて疑わなかった。

またさらに行動に出る。竜崎が本名と顔をさらさないと大量殺戮を行うと、声明をだしたのだ。

竜崎はLのデータを合成した動画でそれに応える。そして今度は竜崎側から攻める。動画にURLを乗せ、そこに紫苑を誘導し、逆探知を試みる。逆探知には成功するが、訪れた先で、本名が割れている松田桃田が殺されてしまう。この失敗により、責任を取らされた捜査本部は解散となる。ここで、三島があることに気付く。竜崎が紫苑に宛てた動画に文字が隠されていた。その文字は「私がもう一冊を所有している」と書かれていた。

竜崎の家に向かった三島は竜崎に銃を突きつけ、デスノートの所有を確認するが撃てない。そして、帰ろうとしたが、その時三島は別事件にて連行されてしまう。そんな三島を留置所から連れ出し、捜査本部に保管されているデスノートを使い紫苑をおびき出し捕まえるという作戦に三島を参加させる。

そして、紫苑管理の4冊以外の2冊が揃った状態で、三島と竜崎は紫苑に挑む。

顔をあわせあうという約束をした竜崎は指定された場所で、顔を見せて待つ。しかしそこに現れたのは死神の目を持つ弥海砂であった。竜崎は名前を書かれ、倒れたところに紫苑が現れ、ノートをとって夜神月に指定された「約束の場所」へと向かう。弥海砂は同行を拒否し、紫苑に場所だけを伝え、ノートに自殺文を書き、自殺をする。目を持った弥海砂は夜神月が存命ではないと知ったからだ。

その場所を弥海砂が言うのを聴いていた三島は、「約束の場所」へ向かう。甲羅山山頂のホテルの最上階である。

そこで、紫苑と三島が対峙する。すると殺されたはずの竜崎が現れ、3人が揃う。竜崎はすでに何者かによってデスノートに名前が書かれているらしい。

この約束の地に来れば現れるはずのキラは現れない。そして、竜崎は三島こそキラの後継者ではないか? と疑うが、三島は否定。しかし、デスノートに触れさせられた瞬間、自分の記憶がよみがえる。三島こそキラの後継者、新生キラであった。紫苑にリューク経由でデスノートを渡したのも三島であり、竜崎の名前を書いていたのも三島であった。

そこへデスノートを狙う日本の警察部隊が発砲許可あり射殺さりの命令で攻めてくる。それによって紫苑は死亡。三島は捕まる。

そして、捕まっていた三島の牢屋に竜崎が訪れる。もう竜崎は寿命が長くない。そこで、三島と変わり、「三島」を死んだことにして、「竜崎」として生きろと超法規的措置によって、竜崎は三島を解放する。三島は「竜崎」として生きていくことになる。

デスノート2016【デスノート Light up the NEW world】の考察と感想

率直な感想

「デスノート Light up the NEW world」を観た感想ですが、本当にショックでした。

期待が大きすぎたという事でしょう。

全く期待外れです。

もうほんとに楽しみにしていたんです。

6冊のデスノート!?キラの後継者はネットスキル持ち!?どうなるんだ!!

それがもう、ただの……何? ただの……遊び?

ショックでした。池松壮亮さんの演技だけはよかったです。

登場人物が「バカばっかり」である

今までのデスノートであれば登場人物が頭の回転が速く、そのおかげで壮大な頭脳戦が繰り広げられるという展開であったと思うのですが、まったくそんなことはありませんでした。

漫画「亜人」の主人公の永井なら「どいつもこいつもバカばっかりだ」と映画を見た後に叫んでいたことでしょう。

それほどに登場人物がアホです。特にLの後継者の竜崎! お前だよ!

はるばる日本にやってきておこなったことと言えば、まず、まんまと新生キラに名前を書かれてその余命で生きながらえるというゾンビっぷり

本当なら、

開始数分でしんでるよ!!!!!

Lの後継者なんですよね?

え?

ホントに?(笑)

唯一の功績(?)は、まんまと紫苑にはめられて、逆探知の件で踊らされるだけ。

本当に何しに来たの?(笑)

こんなバカっぷりですが、「デスノートNEW GENERATION」では活躍しているんです。かっこいいんです。なのに本番に弱いタイプなんです。(映画「デスノート Light up the NEW world」の関連作品のHulu限定「デスノート NEW GENERATION」あらすじ・ネタバレ

ここで言いたい竜崎のバカっぷりの為に1つ解説を挟みます。

なぜ竜崎は東京ニューシティホールで顔見せしたのか

これは作中でも触れられている通りですが、

紫苑とのデスノート所持の確認(茶番)で竜崎はリュークと会います。

その時にリュークの反応から「Lと同じ死に方」を自分もすると確信します。

Lの死に方=あらかじめデスノートに名前が書かれていることによって、デスノートによって殺されなくなるという方法の代償

つまり、「今は、もう、書かれてる~、そのな~ま~え~♪」なわけです。

なので、もう顔を見せることに、名前をデスノートに書かれることに恐れはないわけです。

なので、顔をみせても別に大丈夫! です。

竜崎バカシリーズ(追記)

はい! ここで、戻ってきました竜崎バカシリーズ。

まず顔を見せること自体がバカなんじゃないか? というのは別にバカではなく、まぁ想定の範囲内な訳です。

しかし、そこで、またしても竜崎は大きなミスを犯します。

これ、弥海砂に名前書かれるとき、倒れてるよね? それ無駄じゃないの? という話。

茶番です。

いや、そこで、弥海砂のデスノート奪って、近くに来ていた紫苑のアタッシュケース奪えよ!

それで終わっていたよ、この映画。なにあっさり捜査員殺されてるんだよ。その2人うまく使えよ!

突っ込みが追い付かないです。

デスノートである意味

この映画は「デスノート」です。にもかかわらず、デスノートなしでも特に内容の変わらないような展開が続きます。

紫苑はサイバーテロリストです。今作で起きることの大部分はデスノート所有者としての能力ではなく、サイバーテロリストとしての能力です。

他のデスノート所有者からデスノートを奪ったことについても、サプレッサー付の銃さえあれば全然可能です。なにせハッカーとしての腕が凄すぎるから。

つまり、デスノートがなくても大丈夫な話なのです。

それは、渋谷での青井さくら(川栄李奈)が行う無差別殺人でも同じことが言えます。何かしらの別の武器で代替可能です。

竜崎も「デスノートで銃に勝てるわけない!」と作中で言っちゃってます。その通りです。

デスノートは、死の直前の行動操作や遠距離からの不可能殺人を可能にするところに強みがあります。

強み、使われなかったですね(笑)

デスノート6冊の意味

6冊もある意味はないです。

弥海砂用、紫苑用、L陣営用、これだけで十分です。3冊。

もっと想像では、6人の有能な人員がそれぞれのスキルを用いて騙しあいをするのかと思っていましたが、紫苑が強すぎました。サイバーテロリストが有能すぎる。

期待外れな6冊でした。

三島のバレバレ度合い

新生キラ=紫苑と最初は思いますが、それも一瞬のことで、すぐ違うなと気づきます。

なぜなら、Lの後継者が顔と名前を明かさないと無差別に大量殺人を行うと言っているからです。

そんなこと「キラの後継者」がするわけがない。今までならLはキラをプロファイリングし、その特徴から犯人を絞っていきました。

しかし、竜崎はここで何も思わず、そしてデスノートオタク(自称)もそのことに気付かず、サイバーテロリスト=キラの構図は崩しません。

まぁただこれはキラの後継者が「キラ」としての自覚があまりなく、無差別殺人なんかもやってしまいますよという人物であるのだ、としてしまえばそれまでです。

ですが、観客の立場からすれば、紫苑が「キラ」を探しているのは知っているので(メッセージや約束の地等々)「じゃあ一体誰が真犯人なのだ?」となります。

普通に怪しい人物がいます。「キラ」のパターンを熟知している三島です。

壁にもそれを臭わせる絵がかかっていました。

まとめ

そんなこんなで、一緒に竜崎とキラを追い詰める推理をしたかったです。

ですが、銃撃戦で終わってしまいました。

ただ、絵の綺麗さは凄かったです。光の使い方であったり、約束の地の「絵」であったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク