ティッシュペーパーの使い方 個人的使用用途別ランキングベスト10

ティッシュをこよなく愛し、その使用頻度たるや国内個人別総合ティッシュ使用頻度部門においてまず間違いなく50位には入るであろう私プレゼンツで、ティッシュペーパーの使い方をランキング形式で10個挙げていこうと思います。

ちなみにティッシュは2日で1箱ペースなので、今後は1日1箱ペースに上げていきたいところ。

 

その他の「ひとり言」カテゴリーの記事はこちら

スポンサードリンク

使用用途別ランキングベスト10

10位 ポテトチップスなどのスナック菓子を食べた時に手を拭く

これはポテトチップスあるあるのティッシュの使用法です。

その脂っぽさと、コンソメならコンソメ、うす塩なら塩とその他のプラス要素まで一緒についてしまった指先を手を洗うまでの間、一時的にそっと拭いてあげましょう。

これは食べている瞬間の頻度はものすごく上がり、ケータイなんかいじりだしたりゲームしだしたらもう爆発します。

使用頻度が雄たけびをあげて殴りかかってきます。

しかしながら、そもそもそんなにポテトチップスを食べないので、10位。

この使用法のポテンシャルはなかなかのものです。

9位 食器を拭く

基本は自然乾燥さんにお願いをして、乾いていただいているので、食器メンバーの皆様にはあまりティッシュが触れることはありません。

しかし、一刻も早く食器が渇いた状態で欲しいけど、まだ洗ったところ、という場面もあります。

そんな時に登場するのがこの使用法。ティッシュです。

サッと拭いて、パッと出す。

うまく拭けば食器にはティッシュはつきません。うまく拭こうと思えば練習あるのみです。

経験がものをいってきます。

8位 朝起きた時に口に含む

ここにきて私が一番人にびっくりされる使用法がランクイン。

朝起きた時って、口の中めちゃくちゃ汚い感じがしませんか?

その唾液を飲み込むことが出来ないので、とりあえず起きると一番にティッシュを口に含みます。

早く口を洗いに行けばいいという意見もよくいただきますが、それよりも何よりもまずすぐに唾液除去をしたいのです。

ちなみにティッシュの手に取った一枚目は捨てます。汚い感じがするので……

7位 歯を磨いた後に口に含む

先ほどと関連した使用法がランクイン。

こちらでは今度は歯磨き粉のニュアンスが含まれた唾液を飲み込むことはいと難しいので、その際に応急処置を行います。その際に口に含むのがティッシュです。

唾液が一巡するまで出し尽くしましょう。

6位 メガネのレンズを拭く

これはメガネユーザーかそうでないかで分かれてくるところではあります。

ユーザーならこの順位にうなずけることでしょうが、そうでないならもう圏外でしょう。アンテナが立っていません。

一応なんとなくで、この順位となりました。

もしかすると8位と9位の間にランクダウンしたほうがいいのかもしれませんが、めんどくさいのでやめます。

「いや、この順位には納得できないぞ!!」となる方は脳内で変換してみてください。

5位 とりあえず触る

なんとなくこう手が汚くなってきたなーとか思うととりあえず触りますよね。

そういった時のそういった使い方がここにランクイン。

どうしても必要かと言われればそんなことはないので、ここを抑えればある程度のティッシュの使用の削減は見込めそうです。

4位 顔を拭く

顔を洗った後に顔を拭くという使用法がランクイン。

ここでよく言われるのが、タオルではだめなのか?という話なのですが、タオルでも可です。代替案としてはタオルが一番と思われます。

しかし、タオルを毎度毎度新しいのを出しているのはめんどくさいですし、出すのもめんどくさいので、それであれば洗面所備え付けのティッシュを使いのが一番かなと思います。

3位 台を拭く

テーブルの上に何かしらのごみとなるようなものがあった時に、使用します。

布巾では布巾自体が汚いので使用しません。

そこで、登場するのがティッシュです。

これが一番ですし、水滴なんかの吸収度合いが別格なので守備力が高いです。

2位 鼻をかむ

通常の想定される使い方ではありますが、これも花粉症の時期とそうでない時とで頻度は変わってきます。

花粉症の時期なんかは箱ティッシュを持ち歩かないとやっていけなくなるほどの鼻水の量なので、せき止めるためにそれなりのダムがいります。

それ故のティッシュです。

ティッシュには安心感がありますよね?

こう包まれるというか、持っているだけで心強いというか……

1位 手を拭く

もう間違いなく断トツの1位です。

圧倒的に使います。

なぜなら手を洗うという行為は1日の中でものすごく多いからです。

なんとなくちょっと汚いかな~と思えば手を洗い、トイレに行った後も手を洗い、歯を磨いた後も手を洗い……としていると、もうこの使用法の無限大の可能性に心が躍ることでしょう。

圧倒的な1位です。

おわりに

今回ではティッシュを「ティッシュ」と呼ぶのか「ティシュー」と呼ぶのか戦争については触れていませんが、個人的には断トツでティッシュだと思います。

ティシューなんておしゃれな言い方すると自分が自分でなくなってしまうような気がします。

そんなティッシュですが、

ティッシュには無限の可能性があります。

そのフォースのようなティッシュを使いこなした時、真のティッシュマスターになることが出来るのです。使い方は無限大。これらの使い方以外にも多くの使い方があります。

ティッシュと共に人生を歩んでいきましょう。

ちなみに、近年、ボックスティッシュの枚数が抑え気味になっているので、しっかりと1箱あたりの枚数をチェックし、値段と照らしあわせて買いましょう。

更にちなみに、

こういう業務用の奴なんかもあります!

ネットかもしくはホームセンターなんかで見かけます。

そんなこんなで、ティッシュの使い方ランキングでした!

 

あわせて読みたいオススメ記事!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク