映画「デスノート Light up the NEW world」の関連作品のHulu限定「デスノート NEW GENERATION」あらすじ・ネタバレ

2016/10/29

映画「デスノート Light up the NEW world」の公開に先駆け、Huluにて限定配信された「デスノート NEW GENERATION」

新世代のデスノートの登場人物をそれぞれ、警察側・L側・キラ側より描いた全3話の作品です。

キャストは映画「デスノート Light up the NEW world」と同じく、東出昌大・池松壮亮・菅田将暉などである。

舞台設定は夜神月およびLが戦った時代から10年後の世界である。

この「デスノート NEW GENERATION」により登場人物についてよりわかるようになっている。

スポンサードリンク

第一話「三島篇・新生」のあらすじ(ネタバレ含む)

夜神総一郎の立ち上げた「キラ対策本部」はキラがいなくなった今や無用の長物と化しており、窓際部署となっていた。しかし、夜神総一郎の秘蔵っ子の三島(東出昌大)は「デスノート」オタクと呼ばれるほどにキラ及びデスノートについての捜査を続けていた。その三島のノートにはキラに関する情報が書かれており、キラが復活した際に真っ先に殺すであろう凶悪犯のリストまである。

そんな中、一見普通の心臓麻痺の事件だが被害者が元凶悪犯であるという事から「一応捜査を」とキラ対策本部に回ってきた事件があった。

三島は捜査に向かうと、発見が難しい毒物での心臓麻痺という手口だけではなく犯人まで見つけてしまう。その手際の良さから捜査一課からも引き抜きにも合うが夜神総一郎の意志を受け継ぐとキラ対策本部に残る。

任意同行された容疑者は殺す動機があったが、「これは復讐ではなく裁きである」という発言をし、「キラを模倣し、キラの代わりに裁いた」とし、その動機もニュースとなり流れる。

すると逮捕された犯人の様子が一変し、「私はキラだ。デスノートは復活した」と繰り返し心臓麻痺で死んでしまう。

この一件連続変死事件が相次ぎ、キラ復活といわれるようになる。

それを受け、キラ対策本部はデスノート対策本部と改名することとなった。

第一話「三島篇・新生」の感想

機密情報であったデスノート

機密情報であったはずのデスノートという単語を対策本部名につけてしまううかつさが、何とも言えないです。

東出昌大

捜査本部のエースとして活躍していく三島役の東出昌大さんですが、その演技があまり良くなかったです。

セリフに言わされている感が強く、その違和感が終始残り続けました。

これを受けて、評価を調べてみましたが、やはり同様の評価が大半を占めていました。

映画の「デスノート Light up the NEW world」ではいい演技を期待しています。

第二話「竜崎篇・遺志」のあらすじ(ネタバレ含む)

世界的名探偵の竜崎(池松壮亮)は香港でICPOからLとして捜査の依頼を受けていた。その難事件では、被害者の博士の密室での行動、犯人とされる人物の特定、そして犯人は殺したのではなく自殺の証拠隠滅だけであり、その動機まで解明して見せ、同時に犯人の確保までやってのける。

そんな難事件の密室トリックさえ簡単すぎるとニアに言ってみせた竜崎。そんな竜崎は日本の松田からの新生キラ事件の解決を依頼される。しかし、「イチゴの乗っていないケーキに興味はない」とし断る。その時日本にいるJから興味深い密室殺人の情報がもたらされる。動画の生配信中の殺人であり、サイバー上でJはその殺害現場となった動画配信者(被害者)の場所を特定しようとするが、妨害されていて場所をつかめない。そこで竜崎が場所を気象情報や持ち物など動画上の情報だけから特定する。しかし特定をしてしまったがために、「最初に推理をした人物が捜査を担当する」というルールにのっとり、竜崎は日本に捜査をしに向かわなければならなくなる。

実際に動画配信者(被害者)の部屋に入り、デスノート犯罪であるということ、そして犯罪者の情報まで探り当てる。

これを契機に、竜崎はデスノートの捜査に協力することを決める。

第二話「竜崎篇・遺志」の感想

竜崎

Lの正統後継者とされる竜崎役の池松壮亮さんですがこちらはものすごく演技が神がかっています。

その竜崎のカッコよさは半端ではなく、この作品そして「デスノート Light up the NEW world」にいい彩を加えてくれるでしょう。

ミステリー

天才探偵という役回りから、推理物のストーリーが楽しめました。その推理は爽快そのもので、観ていてすっきりとします。

竜崎のお面

Lの特徴的であったひょっとこのお面ですが、今作でもお面は登場します。

ただ、すこし禍々しくなっています。

竜崎のお面の記事はこちら

第三話「紫苑篇・狂信」のあらすじ(ネタバレ含む)

一家惨殺事件の唯一の生き残り紫苑(菅田将暉)。その事件の犯人は心神喪失状態であり刑法三十九条によって再び世に放たれることになった。その結果、その犯人が生きている事による恐怖を常に感じながら暮らしていた紫苑は、その後犯人がキラに殺された時に歓喜した。そしてキラ狂信者になる。

キラがいなくなった後、キラについて調べ始めた紫苑が唯一手に入れたキラ関係の情報が「自ら手を下さずに裁きを下していた」ということ。そして、紫苑はキラに少しでも近づくためにサイバーテロリストになる。

そんなある日、紫苑の元に一冊のノートが届けられた。デスノートである。

それを用いて、紫苑は裁きを開始した。

第三話「紫苑篇・狂信」の感想

この第三話だけテーマが重いです。

デスノートでの殺害対象になる人物の線引きの話です。

罪は犯してしまうと、どれだけ反省しても消えないのか?という問いかけをこの三話目だけ投げてきます。

まとめ

映画「デスノート Light up the NEW world」に出てくる人物をそれぞれ中心に描いてきたシリーズでした。

これだけでも楽しめる作品には仕上がっていました。

映画「デスノート Light up the NEW world」は原作には出てくる「6冊ルール」を描いた作品です。

「6冊ルール」とは人間世界には同時に存在していいノート上限が決められており、それが6冊であるというルールであります。

原作はこちら。

「デスノート NEW GENERATION」が観れるHuluはこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク