2016年ノーベル賞受賞、受賞者はアメリカの「ボブ・ディラン」

2016年のノーベル文学賞の受賞者が発表になりました。

スウェーデン・アカデミーは受賞者はアメリカのシンガーソングライター「ボブ・ディラン」と発表し、今年も残念ながら日本の村上春樹さんは受賞を逃してしまった形となりました。

スポンサードリンク

受賞者のボブ・ディランとは

アメリカのシンガーソングライターであり、いままでもノーベル文学賞候補としてノミネートされていました。

フォークソングとロックの融合を果たし、数々の名曲を世に送り出してきました。

伝説的な人物であり、グラミー賞であったりアカデミー賞であったり、果てはピューリッツァー賞まで受賞しています。

中でも有名なのが「ライク・ア・ローリング・ストーン」「風に吹かれて」です。

ライク・ア・ローリング・ストーン

フォークソングというよりはキーボード色が強い曲で、キーボードのオルガンのような音色が耳に残ります。

歌詞はというと、「How does it feel?」と積極的に煽っていくスタイル。

階級が高い人たちの転落を歌詞として描いております。

風に吹かれて

歌詞はずっと何かを問いかける形で進行していきます。

しかし、「その答えは風に吹かれて誰もわからない」というように問いかけるだけ問いかけて、あとは考えさせられるのです。

その結果、歌詞の解釈がフレキシブルであり、そこがまた人気の秘訣であります。

この曲を一度聞くと頭の中に「How many roads(years/times)」が延々流れるという中毒性レベルが非常に高い曲です。

ちなみに私はこの「風に吹かれて」が好きです。

伊坂幸太郎関連

伊坂幸太郎さんの作品には度々「ボブ・ディラン」が出てきます。

私が初めて「ボブ・ディラン」を知ったのも伊坂幸太郎作品からでした。

特に全編通して絡んでくるのが「アヒルと鴨のコインロッカー」です。この本を、「ボブ・ディラン」を聞きながら読むのがなかなかに良いです。

アヒルと鴨のコインロッカーではボブ・ディランは神の声と言われています。

この受賞は、伊坂幸太郎さんもうれしいのではないでしょうか。

シンガーソングライターである「ボブ・ディラン」が文学賞を受賞した理由

スウェーデン・アカデミーによると「偉大な米国の音楽の伝統の中に新しい詩的表現を生み出した」というのが理由です。

ピューリッツァー賞の時と同じような理由ですね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク