隣の部屋がうるさい!? 鉄骨造と鉄筋コンクリート造の話

「もうデシベルが振り切ってるぞ!おい!」

アパートの隣人騒音問題は一人暮らしには付き物のような気がします。

まぁ、私は隣がうるさい分には何となく許せる質ですが、

隣の人にうるさく思われるのが嫌なタイプであります。

ザ、他人の事気にしい。

豆腐メンタルの極み。

つまりは、騒音問題というのは大きな問題ということです。

ちなみに、数字を言われてもピンとこないデシベルの目安ですが、

90デシベルで大体カラオケのうるささ位です。

T.M.Revolution西川さんがマイク音量上げて歌うと100越えてきます

おそらく。

スポンサードリンク

そもそも鉄骨造と鉄筋コンクリートの違いは?

鉄骨造とは……

鋼の柱で骨組みを作り、それを元に建物を建てるという方法。

これによって、比較的安く作ることができたり、

短い工期で作ることができたりする。

不動産の項目にはS造と書かれていたりします。

賃貸の物件で探しているときなど、この造りであれば安いことが多い。

アパートなどはこの鉄骨造のパターンが多い。

鉄筋コンクリート造とは……

こちらはRC造という造り。

鉄筋とコンクリート造り、

そう、鉄筋とコンクリートによって造られるものです。

コンクリートの中に鉄筋が仕込まれています。この組み合わせは牛肉とご飯くらいの相性の良さです。

お互いの長所を伸ばし、短所を補い合っています。

値段は少し上がります。

鉄骨鉄筋コンクリート造

最強。

S造とRC造が合わさりあい、さらに長所を伸ばしています。

ただし工期が伸び、お値段も上がります。

かつて職人をしていた不動産屋さんに聞いた、騒音問題の答え

一般的に、

マンションやアパートにて、騒音問題を回避したければ、

鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造を選ぶべきであり、鉄骨造を選ぶべきではないという風潮。

しかし、家賃が比例して高くなりがちです。

もともと家を造る側の人間であったという経歴を持つ不動産屋の人にこの件について、どう考えるかを聞いてみたところ、

納得の答えが返ってきました。

とてもシンプルですが、鉄筋コンクリート造といえど、壁が薄ければ、騒音問題は解決されない

しかし、鉄骨造でも騒音に気を使ったり、壁が厚かったりと隣人の音は聞こえてこないケースは多い

つまり、物件の状況で見ていくべきである。とのこと。

確かに、私も様々な賃貸物件に住んできて、思い当たるところが多かったので、納得しました。

鉄骨でも、色々とみていけば優良物件が見つかる可能性もあります。

その不動産屋さんと共に内覧に向かい、ここなら音の問題は大丈夫ですと勧められた所に現在住んでいますが本当に騒音は気にならないです。

金額を気にしなければ、それは鉄筋コンクリート造で壁が分厚い所に住むのが理想ですが、

やはりコストパフォーマンスは見ていきたいものですよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク