プレゼント用にオススメの本を用途別にまとめました!

2017/07/15

友人などにあげるプレゼント。プレゼント交換会やイベント事や様々なお祝いごとの際に渡すプレゼントの品。

何を渡そうか…… そう悩むこともあるかと思いますが、そんな時には「本」がおすすめです!

その理由は、プレゼントとして「本」を渡すことによって様々な「価値」に本が化けるからです。

例えば……

最近、趣味で将棋を学び始めた人がいたとします。(あくまで例です。ちなみにこの記事を書いている私の事です)

そんな人には、将棋に関する本を渡せばいいのです! 詰将棋の本や、定跡の本など…… 事前調査をしていれば、更にナイスチョイスな物を送ることが出来るでしょう。

このように、体験などさえ送ることができる「本」というプレゼント品の選択肢。良いと思いませんか?

また、もう一つオススメできるポイントがあります。

それが、価格帯がなかなか手頃であるという所!

あまり高すぎても気を遣わせるし、手軽に何気なくでも渡せるような1000~2000円の低価格帯のプレゼントであり、その価格帯で渡したい方にはさらにオススメです!

そんな奥が深い「本」というプレゼントについて様々な角度からチョイスしていきたいと思います。

もし当てはまったものがあれば、ぜひ送ってみてください!

スポンサードリンク

用途別!特徴別!プレゼント本のラインナップ

旅好きなあなたへ……

さて、第一陣を飾るのは「旅行大好き人間たち」に向けたラインナップです。

旅行が好きな人はぜひ一緒に旅行にも行きたいところですが、それほどの関係ではなかったり、もしくは行くにしても事前の下調べが大切であったりします。

確かに現代社会において、ネットで調べればなんやかんや情報は転がっているものですが、やっぱり紙の本を見ながら、まだ行ってもいないのにいった気持ちにさせてくれる本。そう! 旅行本です!

王道どころの「まっぷる」をチョイスしました。

○○ウォーカーなどもいいですが、しっかり目的が決まっているならこういったものがオススメです。

 

更に、旅行好きの方の中でも猛者の方々は、もはや人生=旅行のようになっている方もいらっしゃいます。猛者です。

そういった歴戦の方々にはそんな旅を刻み残していく、こういったアイテムなどがあります。

それがこちら! 「旅行手帳」!

こちらは旅行中の事柄をこの本に埋めていくだけで、自分だけのオリジナリティあふれる世界にただ一つの本が出来上がるという、しゃれたアイテムになっています。

後から見ると、こんな旅行だったなぁと浸ることもできますし、旅の思い出と共に宝物となること間違いなしです。

プレゼントするもよし、一緒に埋めていくも良し。ぜひ使ってみてください。

 

そしてそして、次の品ですが、旅行欲が強いけれども、まだ慣れている訳ではないし、どうしたものかなぁ~…… などと考えている人がいれば、これをプレゼントして、後押しをしてあげましょう!

圧倒的な情報量で旅に特化した情報誌!「地球の歩き方 パーフェクトガイド」です。

 

一人旅をより安全に、より楽しくするための裏技が満載です。一人旅デビューする方にはこの本をぜひプレゼントしてみてください。

お酒好きの人へのプレゼント

お酒が好き! という方は大勢いらっしゃるかと思います。そんな人に真っ先に思いつくのはお酒本体でしょう。

日本酒が好きなら、それなりに調べて、プレゼントによさそうな日本酒をチョイスしてラッピングしてプレゼント! などなどです。

しかし、その場合好きなものにこだわりがあったり、他の方とプレゼントがかぶってしまって、もらう側は同じようなものを同時にもらう事になる、などのケースがあります。

そこで、本という観点から、このようなものがあります。

日本酒マニアックBOOK」です。これは日本酒の例ですが、お酒を飲むのが好きで更にもっと知りたい! と思っているような方に、マニアックに新しい知識を吸収する機会をプレゼントする、という事です。

この本などは、「入門」などと書かれていて「今更そんな本貰っても……」と思われるような感じの本とは少し違ういいバランスを保っているので、日本酒が好きな方にはオススメです。

他に、ビール好きの方にはこんな本もあります。

ビール通のための15章」です。ビールのルーツやギネスに関するトリビアなど、様々な事が書かれています。

血液型に関するプレゼント

もう、プレゼントに悩みに悩んで、決めかねている時は血液型の観点からのプレゼントがおすすめです。

日本人は血液型に関することが大好きで、「O型」だと答えると「大雑把」とすかさず言われますし、「B型」に人なんかはかわいそうで「自己中心的」だなんてことをサラッと言われかねません。

そんな血液型からの性格診断好き日本人に向けたプレゼントでお勧めなのが「自分の説明書」シリーズです。

以前から提唱している、このシリーズのプレゼント方法に関しては詳しくはこちらをご覧ください。

こういったプレゼントの形もありだと思います。率先して印象に残っていきましょう。

悩んでる? ストレスや人間関係に疲れた方へ……

人類は昔に比べると、はるかに豊かになりました。しかし、それに伴って幸福度が増加したのかというと必ずしもそうではないです(イースタリンの逆説)

現代社会に疲れ、人間関係に疲れ、ストレスが溜まっていく一方であるという人も少なくないです。

そんな人々に少しでも救いを! と本をプレゼントすることを提案します。ただ、プレゼントする人との関係がそもそも深くない状態で渡すと嫌われる危険性がありますので、ご注意ください(笑)

ストレスに関しては、皆さん大好きスタンフォードのあの方、ケリー・マクゴニガル先生が本を出されていいます。

それがこちら、

スタンフォードのストレスを力に変える教科書」です。

このケリー先生は集中力などに関する本も書かれていて、この記事で少し紹介しています。

その他には、幸せホルモン「セロトニン」の観点からのストレス対策を紹介している、

この本、「脳からストレスを消す技術」などがあります。

こういった本は、いきなり渡すと「え?」という顔をされるので、「この前読んだ本がよかったからプレゼント!」のような形でさりげないやさしさをトッピングしながらプレゼントするのがいい渡し方だと思います。

友人の中でしんどそうにしている方を救う、そういった大きな意味での「プレゼント」も本であれば可能です。友人の悩みを聞きながらも具体的な対処法などのいいアドバイスが出てこないなどの時は、これらの本を活用してみてください。

もしくはこれらの本を実際読んで、読んで覚えた内容を会話の中で伝えていくのもいい方法であると思います。

芸能人やアイドル好きの方へのプレゼント

テレビに出てくる「あの方」が大好きで大好きで仕方がない人……多いと思います。

そんな方へのプレゼントとしてオススメなのが写真集です。

プレゼントというのは、やっぱり「自分では買わないけれど、他人から貰ってうれしい物」をチョイスするのがベストであります。

その観点から考えた時、写真集というのは前提条件として誰か好きな有名人がいるというのが必要となってきますが、その条件さえクリアしていればいいポイントをついたプレゼント品です。

その人に合わせて、プレゼントしましょう(下は一例)

 

自分では恥ずかしくて買えなかったりするので、ここぞとばかりにプレゼントしていきます。

事前のリサーチ(すでに持っているかどうか、であったり、誰が好きかなど)を必要としますが、ハマれば喜んでくれること間違いなしです!

その他、「趣味」の本をプレゼント

趣味の本の場合、3通りの方法があります。

1つ目は、「相手」の趣味に合わせてプレゼントしていくという方法であり、この場合だと相手の趣味に関する「のめりこみ度」を知らべて、「このレベルであればまだ知らないだろう」という情報が載っている本を選ぶという方法です。

この場合、注意点があり、相手の趣味のレベルに応じて本を選ばねばならないというレベルの高さがあります。何とかそこをクリアしましょう。

一例としては、例えば「城めぐり」などが趣味であれば、

こういった本などがあります。

また2つ目は、自分の趣味に合わせてプレゼントし、あわよくば相手にも好きになってもらおうとする路線です。

王道どころでいうと、漫画のシリーズ全巻を一気にプレゼントするなどです。

全巻かもしくは最初の方の巻であればうれしいですが、例えば最新刊だけプレゼントして「あとは買ってね!」などは出来るだけ控えましょう(笑) 引かれます。

 

3つ目は、未知の趣味を探索してみる、というものです。

例えば、自身も相手も文系であるときに、思い切ってこんな本をプレゼントしてみるなどです。

もしかしたらこれを機に、やたらと量子力学に詳しくなるかもしれません(笑)

おわりに

プレゼントはやはり相手の事を想って送るものであります。

今までのプレゼントのラインナップの中に、「」そしてそれに付随する目には見えない「価値」をプレゼントするという選択肢をぜひとも入れてあげてください。

プレゼントの幅が広がり、本当に相手の為になるプレゼントが出来るようになるかもしれません。

そんな本のプレゼントですが、そのまま渡すと味気ないのでラッピングをしてから渡すのがいい方法です。

王道どころで言うと簡易的ではありますが、こういったラッピング袋などがあります。

その他、様々なラッピングペーパーを使って、世界に1つだけのプレゼントをぜひ!

以上、プレゼント用にオススメの本でした!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク