新作「ローグワン/スターウォーズ・ストーリー」のあらすじ・キャスト

2016/12/16

https://www.youtube.com/watch?v=aVO4H_RQrrw

大人気映画シリーズである「スターウォーズ」

その新作「ローグワン/スターウォーズ・ストーリー」のあらすじやキャストについて語ります。

そのスターウォーズシリーズは今まで公開順に旧三部作の「エピソード4/新たなる希望」「エピソード5/帝国の逆襲」「エピソード6/ジェダイの帰還」そして新三部作の「エピソード1/ファントム・メナス」「エピソード2/クローンの攻撃」「エピソード3/シスの復讐」がありました。

そして、続三部作の一作目「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が2015年12月に公開されています。

そんな中、今作品「ローグ・ワン」はそのシリーズの外伝にあたる「アンソロジーシリーズ」の第一作目です。

監督は「ギャレス・エドワーズ」というイギリスの監督です。新鋭監督であり、低予算映画を成功に導き評価を得るなどした監督です。代表作は「GODZILLA ゴジラ」

そんな監督、ギャレス・エドワーズは大のスターウォーズファンであり、尊敬する監督として「ジョージ・ルーカス」をあげるほどです。

スポンサードリンク

スターウォーズ・ローグワンの公開日

「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」の公開日は2016年12月16日(金)です。

更に、一年後の2017年12月15日には待望の「スターウォーズ・エピソード8」が公開予定となっています。

一年ごとに何かしらのスターウォーズ作品を観ることが出来るという状態に「エピソード7/フォースの覚醒」が2015年12月に公開されてから続いています。

この流れは少なくとも2019年の「エピソード9」が公開になるまでは続きそうであり、ファンにとってはたまらない状態です。

スターウォーズ・ローグワンのあらすじ

「エピソード3/シスの復讐」にてジェダイ騎士団及び共和国は滅ぼされ、銀河は銀河帝国のもと圧政下にあった。

そんな中、さらに帝国は軍拡を行う。直径約120kmにも及ぶ帝国究極兵器「デス・スター」を完成させようというのだ。

もし「デス・スター」が完成すると「スーパーレーザー」を搭載するこのデス・スターはオルデラン級(地球規模)の星を一撃で破壊してしまうことが出来るため、反乱軍は更なる劣勢に追い込まれてしまう。

だが無情にもデス・スターの完成は近づく。その知らせを傍受した反乱軍は帝国軍のデス・スターの設計図を手に入れるために様々な経歴を持つ者たちによる極秘チーム「ローグ・ワン」を結成する。

フォースの聖地「ジェダー」や惑星「スカリフ」での戦闘を経て、いかにして「ローグ・ワン」はデス・スターの設計図を手に入れるのか?

「エピソード4/新たなる希望」の冒頭につながる伝説の物語がここに描かれる。

「エピソード4/新たなる希望」の冒頭

エピソード4の冒頭部分ではダースベイダーが反乱軍の船に侵入し、レイヤ姫が持っているとされるデス・スターの設計図を奪い返そうとしていた。

しかし、レイヤ姫はその設計図をR2D2に託し、脱出ポットにR2D2とC3POを乗せて射出し、その結果設計図はルーク・スカイウォーカーの手に渡る、という流れである。

そのレイヤ姫が持っていた設計図はエピソード4の一番最初の説明文でもあるように、反乱軍のスパイが入手したと書かれている。

その内容に踏み込んだのが今回の「ローグ・ワン」という作品というわけだ。

 

スターウォーズ・ローグワンのキャスト及びキャラクター

この「ローグ・ワン」には個性的なキャラクターが多く出てきます。

そのキャラクター達を掘り下げていきたいと思います。

ジン・アーソ

https://www.engadget.com/2016/04/07/star-wars-rogue-one-trailer/

https://www.engadget.com/2016/04/07/star-wars-rogue-one-trailer/

銀河の命運を握る今作品の主人公「ジン・アーソ」

15歳の時から一人で生きてきて、帝国において数々の犯罪を犯してきたジン・アーソは、反乱軍の最高指導者のモン・アスマに「無謀で攻撃的で自制心に欠ける」と評されるほどの人物です。

分隊ローグ・ワン唯一の女性戦士としてデス・スターの設計図を手に入れるべく戦います。

父親は天才科学者「ゲイリン・アーソ」であります。

演じるのは「フェリシティ・ジョーンズ」

演じる「フェリシティ・ジョーンズ」はイギリスの女優であり、映画「博士と彼女のセオリー」ではアカデミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートされている、注目株の女優です。

他の出演作には「アメイジングスパイダーマン2」「インフェルノ」「アウトバーン」などがあります。

 

 キャシアン・アンドア

http://me.ign.com/en/m/movies/121505/news/6-things-we-learned-about-rogue-ones-characters-from-the-act

http://me.ign.com/en/m/movies/121505/news/6-things-we-learned-about-rogue-ones-characters-from-the-act

情報戦・実戦経験が豊富な反乱軍の大尉であり、「ローグ・ワン」のリーダーです。

もともと反乱軍兵士であり、ジン・アーソを補佐するために「ローグ・ワン」に参加します。

相棒には、元帝国軍事ドロイドであったエンフォーサー・ドロイドを改造した「K-2SO」がいる。

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

K-2SOによれば、今回の作戦は97.6%の確率で失敗するそうです。

演じるのは「ディエゴ・ルナ」

メキシコを代表する役者です。制作会社を経営しており、脚本や監督もこなすマルチな役者。

出演作には「天国の口、終りの楽園。」「エリジウム」などがあります。

 

 チアルート・イムウェ

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html Donnie Yen (Chirrut Imwe) Behind the Scenes on set during production. Ph: Footage Frame ©Lucasfilm LFL 2016.

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

フォースの聖地「ジェダー」出身の盲目の僧兵で、「ローグ・ワン」メンバーの一人です。

フォースは使えそうな雰囲気はありますが、フォースは使えないです。

ただ、そのフォースやジェダイの教義を信仰し修行することによって、強靭な肉体と精神力を持っています。

演じるのは「ドニー・イェン」

キャラクターや映画によってアクションスタイルを変化させるアジアの至宝とされる香港の俳優です。

代表作に「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズや「イップ・マン」シリーズがあります。

 

ベイズ・マルバス

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html (Jiang Wen) Ph: Film Frame ©Lucasfilm LFL

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

チアルート・イムウェの相棒であり、保護者でもあるブラスター使いで、「ローグ・ワン」メンバーです。

相棒のチアルート・イムウェとは違い、フォースに関しては存在を疑う現実主義者であります。

 

演じたのは「姜文チアン・ウェン)」

中国を代表する俳優であり、脚本家であり、監督。

太陽の少年」ではヴェネツィア国際映画祭の主演男優賞・金馬奨作品賞・監督賞と様々な賞を受賞し、「鬼が来た!」では第53回カンヌ国際映画祭にてグランプリを受賞しています。

 

ボーディー・ルック

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html Bodhi Rook (Riz Ahmed) Ph: Jonathan Olley �Lucasfilm LFL 2016.

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

フォースの聖地「ジェダー」出身のパイロットで、もともとは帝国所属でしたが反旗を反旗を翻し、反乱軍の兵士としてそのパイロット技術を提供した人物です。

分隊「ローグ・ワン」のメンバーであり、名付け親でもあります。

演じるのは「リズ・アーメッド」

リズ・アーメッドはイギリスの俳優兼ラッパーです。

出演作に「ミッシングポイント」「ナイトクローラー」「ジェイソンボーン」などがあります。

 

オーソン・クレニック

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

帝国軍高階級将校であり、上司であるダース・ベイダーの逆鱗に触れぬように立ち回りながら皇帝ダース・シディアスに取り入ろうと目論む人物。

デス・スターの保安任務を任されており、エリート部隊の「デス・トルーパー」部隊を指揮する人物です。

デス・トルーパーは黒いストームトルーパーアーマーを装備したエリート部隊。

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

http://www.starwars-universe.com/actu-12638-rogue-one-des-tas-d-infos-officielles-sur-les-personnages-planetes-et-vehicules-.html

オーソン・クレニックを演じるのは「ベン・メンデルソーン」

オーストラリアの俳優であり、「ダークナイトライジング」などへの出演で知られています。

 

「ローグワン」の意味とは

これについて、監督ギャレス・エドワーズは3つの意味を込めたとおっしゃっております。

  1. 戦闘中に個人や集団を呼ぶコールサインとしての意味(ボーディー・ルックが名づけ親です)
  2. 主人公のジン・アーソがRogue(はぐれもの、反逆者)であるという意味
  3. そして、この映画「ローグ・ワン」自体が外伝という意味でRogue(はぐれもの)であるという意味

また、ローグ・ワンと聞いて、思い浮かぶのはローグ中隊です。このローグ中隊は旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの指揮した中隊であり、そのリーダーを「ローグ・ワン」と呼びます。

こんなところにも他のスターウォーズ作品との関連を見出すことができます。

 

スターウォーズ・ローグワンのおすすめポイント

ファンにとって最高

何といっても、今まで、「エピソード4/新たなる希望」のオープニングクロールでサラッとしか描かれていなかったエピソード3とエピソード4の間の部分。それを正式な実写映画として観ることができるというのはとても嬉しいことです。

ダース・ベイダーも帰ってくるという事で、そういった見どころもあります。

新しく観る人にとっても最高

この作品はスターウォーズの外伝作品であり、それ故、単体で観ても十分に楽しめます。

シリーズものであれば前作を観ていないとわからなかったりしますが、この作品はそのシリーズから形式的には逸脱しています。

もちろんエピソード3とエピソード4を予習していくのもOKです。

おわりに

エピソード7・フォースの覚醒と同等の製作費で2億ドルで制作されている今作。

注目です。

ちなみにこのローグワンの内容や感想、考察などについてはこちらに書いております。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク