祝・2回目(10/1) 関ジャニ∞クロニクル 真実堂書店の本について書いてみた (ゲスト:菊川怜)

2016/11/10

前回の真実堂書店がそれほど反響も無いような気がしていたので、

そして何より一瞬で真実の本を見破られていたので、

2回目は無いのかなぁと勝手に思っていましたが、ありました。2回目。

今回も関ジャニ∞の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」にて

ゲストに「菊川怜」さんを迎えた真実堂の回に出てきた本を

真実の本ならそのまま紹介を、すばる・丸山ペアが練りに練って考えた偽物なら想像で本の紹介をおこなっていきます。

ちなみに、前回の記事はこちら

 

スポンサードリンク

今回の「真実堂」書店は……

今回は前回が簡単だっただけに

大きく改善されて難易度が上がった感じ。

普通に見破ることができた前回にはない「見破る」という楽しさがあります。

個人的には前回よりもこの企画自体が面白かったです。

企画が生きたイメージ。

また、今回はゲストの菊川怜さんが東大出身という事もあって、馴染んでました。

ちなみにやっぱり最初の「すばるの顔」はポポリターンズ。

では、今回の本のラインナップは……

  1. なぜグリーン車にはハゲが多いのか
  2. 人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ
  3. 料理の下ごしらえできる女の浮気はバレない
  4. 100%自分原因説で大好きな人に世界一愛される
  5. 本当に楽しい場所には彼女といくな

こちらの5冊がラインナップ。

村上さんに「なんで今日は後ろ向きな本が多いの!?」と言わしめたラインナップ。

しっかりと「チームとしての作戦会議」をしてきたらしいです(笑)

では1つずつ見ていきましょう。

なぜグリーン車にはハゲが多いのか

なんとパンチの効いた題名だこと(笑)

大倉君も「ハゲって言っちゃっていいの?」というくらいの題名。

真実であるこの本を見事見破った村上さん。「僕は決まっています」と即決。

ちなみに「村上のオトンはボーボー」らしい。

内容は

ハゲ→テストステロンが豊富→リーダー気質→出世→お金持ち→グリーン車に乗れる

という流れの説明とのことですが、端的に言うと、ハゲの説明本

2016年10月2日現在、中古で1円で買えます。

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ

砂場にはコミュニケーションの種がある

この本を選んだ菊川さんは開けるとこ間違えて、「きゃ~」となっている時の

店員役の丸山さんの焦り様は見もの。

店員役の2人には「そんな発想がない」らしい(大倉談)

本自体は「ロバート・フルガム」さんという方が書かれていて、

クロニクル内では内容中心で紹介されていないですが、

全米400万部のベストセラーで全米で大ブームを起こし

「フルガム現象」と言われたぐらいのエッセイ集。

そう、エッセイ集です。

表題の内容がずっと続くわけではなく、様々な話(マザーテレサの話・タンポポの話・奇跡の話、等々)が収められています。

日常に疲れていませんか?ちょっとした休息をこの本ととってみませんか?

料理の下ごしらえできる女の浮気はバレない

見事、タイトルで完結している本。

何も改善できていない丸山さんの「ポエム本」

最近料理をするようになった丸山さんの短絡的思考から生み出されました。

ちなみに時間あるときにはビーフストロガノフを作るらしい。大倉「うっす~!うっすいわ~」

タイトルの「料理の下ごしらえ」の後に、「が」を入れたい題名。語呂の悪さが際立ってます。

解説は

料理の下ごしらえにこだわる女性はマメで慎重なタイプが多い

巧妙な嘘で浮気を隠し通す女性の一面を暴いた衝撃の一冊

 

100%自分原因説で大好きな人に世界一愛される

この本は実際にある本です。

選んだ菊川さんも仰っていましたが、

自分原因で物事への効果が波及していくので、

物事や問題点に対していい影響を与えるも、悪い影響を与えるも自分次第であるという内容かと思ったのですが、

100%自分原因説=「現実に起きた事はその人の思考の結果」という説とのこと。

思ったことが目の前の現実となって現れるとのこと。引き寄せの法則系の本。

本当に楽しい場所には彼女といくな

渋谷すばるプレゼンツ「本当に楽しい場所には彼女といくな」

大倉君が選択して、「偽物」の本であった本。

ずっと他人と一緒にいたら、一人の時間は欲しくなるという大倉さん。

しかし、女性となら一緒にいても大丈夫とのこと。そこに一言。

 

すばる「根っからなんですね~」

 

根っからなんやなぁ~

 

最初は「絶対に彼女とだけはマカオ旅行に行くな」だった本。ならして結果こうなりました。

何か、すばるさんは女性とマカオであったんでしょうか。熱がすごい(笑)

解説は

海外旅行などでカップルが喧嘩をしてしまうメカニズムを解明

実は女性読者も男の心理が学べるという男女必見の一冊

とのこと。

本当に楽しい場所。それはある特色がある。

人間の高揚感とその高揚していく際の心理を分析。

著者・渋谷すばるの経験はもとより、その他大勢の行動・心理パターンから導き出されたメカニズムに膝を叩く一冊。

日常との違いが人を変えるのか、それとも……。

男女ともに必見です!

以上!

ぜひPHP社あたりで、

すばるさんの「本当に楽しい場所には彼女といくな」は書籍化してほしい。

まず間違いなく買います(笑)

次の真実堂書店の記事はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク