北海道の十勝の食料自給率が驚きの1100%

表題のように、平成25年の北海道の十勝でのカロリーベースの食料自給率が1100%とのこと!

もうなんか数値が高すぎて、ピンと来ないですよね?(笑)

1000%とかまずそもそもあまりそんなパーセントをみる機会がない。

4桁に戸惑いを隠せません

凄さを分かりやすくするために、比較をしてみます。

スポンサードリンク

そもそも、食料自給率とは

食料自給率とは、字の通りにその地域の食料の消費量に対して、

どれだけその地域で生産されて賄われているかの割合であります。

小さいスケールで分かりやすく考えてみると、お米を10食べるのに、8くらいしか作ることができなかったら、80%です。

20%分だけ足りてませんからー!残念!(古い)

そんな感じで十勝の例を見てみると、十勝の人は10しか食べないのに、110も食料を作れちゃうんですよね。そんな感じ。

日本の食料自給率は?

日本の食料自給率は、平成26年でカロリーベースで39%です。

十勝と逆に、驚きの低さ。

鎖国したらヤバい……(まぁしないと思いますが)

品目別に見ていくと、

米は97%なのでまぁお米は大丈夫そう。

しかし、小麦が13%、豆類が10%と足を引っ張りに引っ張ってます。

地域別に見ていったときは、北海道と東北が自給率を引き上げてくれています。

日本の食料生産地ですね!

ちなみに世界の食料自給率は。

カナダ・オーストラリア等がやはり200%越えてきていて、アメリカでは生産額ベースでは92%ですが、カロリーベースでは127%です。

やっぱり世界で見ても日本は食料自給率が低く、世界最大の食料輸入国です。

でもやっぱり当たり前の事かもしれませんが、土地を持っている国は本当にこういう点で見ていくと、有利ですよね。

カナダとかオーストラリアとか「広大」なイメージがすごい。

ここから日本の自給率上げていくとかになると、

補助金で農家を増やし、農地を増やす。

みたいな方策以外であれば、

土地がそもそも無い日本なので、工場生産野菜の実用化とかが一番方法としては良いのでしょうか。

いま現状、なかなか利益を出すのが難しそうな建物内栽培ですが、

今少しずつ起こっていっている電気代の削減や初期コストのスリム化がこのまま行われていけば、

いずれ利益を生めるような気がしますね。

利益を出せる環境が整い、一度仕組み化が行われれば、そこからは野菜工場パラダイスになりそうな予感。

そんなこんなで十勝

ここまで見てきて、十勝の食料自給率の1100%というのをみたら、

とてつもなく高いというのが、分かると思います。

まぁ、たしかにスケールが全然違うので、率ではなく量でみたときにはあまりかもしれませんが、

それでも北海道をひいては日本の食料自給率を引っ張るトップランナーですね。

今推奨されている、地産地消が、

十勝の場合、通常の場合と逆の理由で難しいといいます。

つまり、地産が少なくて地消分を賄えないのではなく。

地産分が多すぎて、生産分すべて地消なんて出来ねーぜちくしょー、

という状況だそう。

なんともすごい状況。

まぁ、この話、

話のネタにでも使ってみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク